Archive for the Category ◊ 太陽光発電導入を川越市でお考えの方に ◊

太陽光発電システム一式を新規に設置する場合、初期費用として用意する必要があるのは太陽光発電システム一式を購入する費用と、設置に必要な施工費でしょう。
ランニングコストという点から考えると、政府と各地方自治体が制定している太陽光発電に対する補助金助成制度があり、設置した太陽光発電システムが稼動する事により削減される電力料金と余剰電力の売電収入が得られますから、
設置後のメンテナンス費用もある程度は考慮する必要がありますが、太陽光発電システム設置後のランニングコストは家計費においては大幅にプラスになることを念頭に置きつつ長いスパンで初期費用の減価償却をイメージした方がよいでしょう。

家庭用太陽光発電システムの初期費用は、一般的にはおよそ12年前後の期間で回収できるようです。
現時点では政府の太陽光発電システム補助金制度がかなり充実しているので、今の時点で太陽光発電システムを設置すると初期費用の回収に10年かからないだろうという試算もあります。
埼玉県川越市は統計上年間日照率がとても高く、日本平均値を大きく超えていますから、政府の助成金制度が充実しているうちに埼玉県川越市で太陽光発電システムを設置すると、初期費用の回収は9年未満で終了する可能性が高いでしょう。
太陽光発電システム自体の製品寿命は、最新のモデルで20年~30年と想定されているので、10年未満で初期費用を回収した後は実質的にコスト負担ゼロで光熱費を大きく削減できますから、太陽光発電システムの設置は今が絶好のタイミングとなっています。